小児予防歯科の大切さについて。自宅ケアと定期的な歯医者への検診を。

小児予防歯科は本当に大切なことです。 小さい頃の歯はどうせ抜けて新しい歯が生えるから大丈夫!なんて気軽に考えるのは大変危険なことです。 正しいブラッシングと定期的な定期検診で生涯虫歯ゼロを目指すことだって不可能ではありません。

まず、なぜ虫歯ができてしまうのかということですが、実は親から虫歯菌をもらっているのです。 同じスプーンで食べさせたり、自分がかじったものを子供にもあげたりすると子供に虫歯菌がうつってしまいます。 そうならないためにも、3才まではキスをしたり、同じスプーンを使ったりするのは絶対にやめましょう。 3歳をすぎると歯がしっかり出来上がるので虫歯菌は侵入できません。3歳までが本当に大切になってくるのです。

そして小学校低学年ぐらいまでは大人がしっかりと仕上げの磨きをしてあげることも大切です。 子供はまだ細かいところまで器用に磨くことはできません。 磨いているつもりでも奥歯に汚れがたまっていたり、歯と歯の間にたまっていることはよくあることなので、大 人の細かいブラッシングが必要になってくるのです。

他にも歯医者への定期検診も必ずするようにしましょう。 三ヶ月に一回は歯医者に行って先生に口のなかをしっかりみてもらうことが大切なのです。 正しいブラッシング方法を教えてもらったり、磨き残しが多いところを教えてもらったり、エナメル質を強化するフッ素を塗ってもらったりします。薬局などにもフッ素は売っていますが成分はとても薄いのでやはり、しっかり歯医者で塗ってもらうのが一番効果的です。塗るのも数分で終わるので苦痛ではありません。

ただ、毎日の自宅のケアで歯磨きのあとに市販のフッ素を塗ることは悪いことではありません。 だいたいは甘い味がつているのが多いので頑張った歯磨きあとのご褒美としてあげるのもいいですね。 小さければ小さいほど歯磨きの重要性がわからないので歯磨きをいやがります。 そんなときに歯磨きあとの甘い味のついたフッ素はいいかと思います。

他にも定期的に歯医者に通うことで子供に歯医者に慣れさせておくことができます。 歯医者は怖いものという固定概念をもつことがなくなります。 藤沢にある歯医者ゆめの森歯科ふじさわは、 子供が怖がらないよう内装の飾りつけなども工夫されているので良いです。 いつも行っている先生のところに行くんだという安心感もとても大切なことです。 虫歯になるまえに先生とのコミュニケーションをたくさんとっておくのは大切なことですね。

歯は一生大切にしていかなくてはなりません。一度削ってしまえば元に戻ることもないのです。 だからこそ、子供の時からしっかりといしたケアが大切になってくるんです。